ダイの大冒険(2020) 第25話 海外の反応

メモほん


(DND25br).jpg



ここからは全て未知の領域だ。




やっと旧アニメに追いついたね!今週は最高だった!

1番好きな漫画だし、これからもそうであり続けるよ。




原作ファンが30年近く待っていたエピソード!!!

ターニングポイント!


ここからは純粋に名作だ。

壮大で、感動的で、強烈で、熱いドラマと美しいロマンスがあって…。

これこそが、「ダイの大冒険」の真骨頂。


話は変わるけど、3人の竜騎衆の登場は素晴らしかった(-∀-)




俺たちは今、真ルートの方にいる。

新しいサントラにアニメーション、そして声優さんの演技が凄い。

竜騎衆カッコいいな!




感情のジェットコースター、友情、恐怖、そしてアニメーション!

このアニメには泣かされっぱなしだ。




旧アニメ版に追いつき、今はその先を進んでいる。

ダイの大冒険を観るのはいつも楽しいし、初見の人の多くがバラン編を好きになるだろう。


自分の意見としては、今週は急ぎ足に感じた。

バランvsクロコダインのアニメーションは良かったんだけど、原作や旧アニメ版はもっと迫力があったと思う。


クロコダインが目をやられる場面は納得がいかなかった。

あのシーンを心待ちにしていたんだが、早すぎて可哀想に思う時間もなかったよ。


劇伴も期待通りとはいかなかったし、雨の中で泣き叫ぶポップのシーンもそうだ。

声優さんの演技は完璧だったけど、音楽が悲しみと怒りを強調しきれていなかった。勿体ない!




↑わかる。

今週は原作4話、先週は4.5話構成だった。ちょっと急ぎ過ぎじゃないだろうか。

ペースを落とすどころか、むしろ上がっている(^^;)

アニメ1話あたり原作3〜3.5話くらいが丁度いいと思ってるから、ペースを落としてくれ東映さん!




(DND25dl).jpg



バランとクロコダインの戦いが期待していたよりも激しくなかったのが惜しい。

それでも最高のエピソードだったと思う。




バランの服がアバンストラッシュ+獣王会心撃で破れて、彼の舐めたくなるような筋肉がむき出しになってほしかったな。

そうすれば、この刺激的な回はさらに良くなっていた。




バランはめっちゃ男らしくて、お気に入りのキャラだ。

ワンピースのミホークを思い出したよ。




アニメ史上最も賢い敵役と言うしか無いな。

ダイが絆によって強くなると理解しただけでなく、殺人によって絆を断ち切る失敗の典型例を避けた。

そして、その代わりに記憶の消去をしたんだ。




今の所はバランのことを気に入ってる。

彼の竜騎衆もカッコいい。




(DND25d).jpg



さようならダイ。

幼児退行してしまった(泣)




くそ〜、ダイは記憶喪失になってしまったのか。

しかも、竜騎衆と戦う羽目に。




ダイの強さの根源である大切な思い出を奪うとか、残酷な倒し方だな。

肉体的にダメージを与えるよりも酷いし、バランはシリーズの中で最も冷酷な悪役だわ。




ダイは肉体的にも精神的にもハンデを抱えてしまった。

今週のエピソードは、彼にとってかなり厳しい状況だよ。友達のポップの問いかけにも困っていた。

うん、泣いていいんだ。込み上げる感情を全部さらけ出そう。




友達の記憶を取り戻すのに必死なポップに涙(´;ω;`)




ポップの声優さんは、記憶を失ったダイへの感情を見事に表現していたよ。

これでストーリー展開の大きなチャンスがやってきた。この先が楽しみだ。


それと、ベストガールのレオナにも大きな拍手を送りたい。

回復役として重大な局面を乗り切った。




ポップやレオナにとって、ダイに初めて会ったような目で見られるのは恐怖でしかないわな。



あのゴメちゃんのシーンも泣ける(T_T)

原作を知っているとなおさら。




ダイは記憶を失ってしまったが、仲間が危険にさらされた時に記憶を取り戻すんだろうね。




少なくとも死者は出なかったが、記憶の消去はかなりキツいな。

今ではすっかり別人になってしまった。ダイの記憶を取り戻すために何をするのか気になるね。


特に気になるのはバランが呼び寄せた従者だけど、来週は厳しい戦いになりそう。

誘拐されないように、ダイは投獄されているみたい ( ´.‸.` ) 




ダイはできるだけ早く元に戻らなければならない。

あまりにも痛々しい話だし、長引くほど悲しくなってくる…。




早くラーハルトの活躍を見たい!




引用元 : MAL/英語ツイート/reddit










関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.