ダイの大冒険(2020) 第28話 海外の反応

メモほん


(DND28bs).jpeg



ついにバランの過去が明らかに!

正直、彼の復讐を責めることはできないな。


このアニメは人間の良い面と悪い面、両方を見せるのが上手だね。

マァムたちのような人間もいれば、バランの過去にいた人々ののようなクズもいる。




↑モンスターや神が出てくる内容で、人間が全てじゃない作品をようやく見つけた。




バランの過去は涙なしでは語れない(T_T)

彼のことをより理解できるし、悲しみや怒りも納得がいく。




残念ながらバランの過去は平凡な物語と感じた。

竜の騎士についての情報はかなり面白かったけど、一番の問題は彼の動機だ。


人間を憎むにしても、なぜバーンの味方をするのか。

プロット上の理由を除いては、彼が悪役側につくことは意味がない。




ダイは父親から強さを、母親から優しさを受け継いでいる。

強力な組み合わせだ。




バランとソアラは、悟空とチチみたいに山奥に住むべきだったね。




(DND28ld).jpeg



あのキスは不意打ちだった(^^;)




あれはキスだったのかな?

本当にキスをしたのなら、なぜその後の2人に何の反応も無いんだろうか。

抱擁か何かだったんじゃないの。




このアニメ版では、レオナがダイにキスしているような印象を受けた。




↑原作を読んだ時は、感情的に抱きしめているように見えた。

アニメ化された今、映像を見直すと…、確かにそうだ。キスをしているように見える。

頬か口か、はっきりとは分からないけど。




あのシーンは間違いなく眼球にキスをしていたよ。



(DND28hl).jpeg



友情の絆ほど強いものは無い。


近距離でのカウンターはクリティカルヒットだろう。

あれは大ダメージだよ。




ヒュンケルの肉体は鎧より強いに違いない(笑)

槍の直撃を受けても体に穴が開かないのは何でだ。


少なくとも原作(100話)では、命中した後、体から血が出ていたぞ。




↑最近のアニメの自主規制はやり過ぎだと思うわ。




「不死身」の方がタイトルには向いてたかもね。




ヒュンケルの主人公補正が凄いことになってきたな。

鎧のない部分を魔槍で何度も刺されても生き延びて、無傷の強敵を一発KO。


さらに死角を突いた攻撃を避けて、反撃できるほどの実力を持っている。

人間じゃないでしょ彼。




↑不死騎団の団長に選ばれた理由がわかるね。




それに加えて、ヒュンケルは作中最強レベルのキャラの1人って事実もある。

アバン先生とミストバーンが師匠だったし。




ヒュンケルが倒れないことには驚きは無い。

タオルを投げたりするタイプじゃないみたい。とんでもない回復力だ(゚д゚)




(DND28bh).jpeg



接近戦のアニメーションがとても良かった(-∀-)




完璧なエピソード、完璧なテンポ、完璧なアニメーション!!!

全てが完璧!




ボラホーンが生きてたのは驚いた。

生きていたことで戦いに緊張感が生まれ、さらに威圧感を与えていると思う。




ヒュンケル「貴様まだ生きていたのか、ボラホーン!?胸を貫いたのに!?」

     「ヘルズ・クローで胸を貫かれ、メラゾーマを体内に流し込まれ、ベギラゴンを撃たれ、全闘気を放出した、俺でさえギリギリだったのに!」




ラーハルトは良い奴っぽい。

バランが自分にだけ打ち明けた秘話をバラしちゃったので、口の軽い奴でもある。

ヒュンケルを殺そうと考えていたからなんだろうが。


ダイは才能や潜在的な力で勝利することが多いけど、ヒュンケルは力を使い切って勝利することが多いよね。

何度も自分の生命力を犠牲に勝利してきたのを考えると、彼に残された命がわずかな時間しか無いと心配しちゃう。




ラーハルトじゃない、桂だ!




「正直者がバカを見る」という完璧な例。

今週は、美術的にもアニメーション的にも素晴らしいモノだったよ。




次回予告を見るに、来週も面白そう。

バランは額の紋章を光らせるたびに、前のカッコよさを超えていく。




この回まで来られたことが嬉しい。




参考 : reddit/MAL/英語ツイート










関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.