ドロヘドロ 第四話 海外の反応

メモほん

(fcdr4tr).jpg



ニカイドウが熱狂的に餃子を作るOPを観て、料理アニメかと思ったよ。
これは虚偽広告だな!(笑)



↑ドロヘドロが料理アニメじゃないって?



↑可愛くてムキムキな男女が、可愛く殺戮する絶望アニメでしょ。



ターキーが料理するだけのスピンオフは見てみたい。



OPでニカイドウはキノコを捨てて肉を選ぶ。
キノコは魔法使い(煙とか)、肉は人間と考えられるな。
彼女が魔法使いだと知ったから、気付けた事なんだけどね。



↑細かい描写が素晴らしいよ!



(電車で)恵比寿が酔い潰れたサラリーマンになってたり。
小さい描写を愛してる。



恵比寿がCDを持って曲名リストを読んでるシーン。
そのCDは漫画版ドロヘドロのために、実際に作られたモノなんだよね。



↑そういう小ネタを入れるのカッコいいな!



↑このエピソードを見る1・2時間前に、私のお気に入りのバンドがドロヘドロのために曲を作ったのを知ったよ。
Igorrrってバンドなんだけど、めっちゃ驚いた。
※めっちゃ高価(-_-;)







(fcdr4tk).png



煙がターキーと言った時、まさか焼いた七面鳥頭の男だとは思わなかった。七面鳥顔の男を期待してたのに!
彼は人形を本物の鶏肉から作る。つまり人形を舐めるとローストダックの味がするのかな?( ͡° ͜ʖ ͡°)

能井の奴め!あれが人形の偽物ってのは分かるけど、彼女は超セクシー(Snack)だよ!
心の赤面は本当に可愛い。彼らはパートナーだけど、能井を女性として見てるんだね。



能井はスナックじゃなくフルコース料理だよ。



毎週警告してるけど、能井は太ももで頭をメロンの様に割れるよ。



↑最高の死に方じゃないか。



ターキーの能力は最高だろ。







(fcdr4cmb).png



コンボのシーンを何度も見てる。
ここのアニメーションで彼らは高みを超えていったな。ドロヘドロにはその待遇を受ける価値がある。

あとマイナー役だったが、心に攻撃された魔法使いを子安武人が担当していたのは驚いた。
終始ニヤニヤが止まらなかったよ。



↑今気づいたけど、心がDIOの声優を「オラァ!」と言いながら殺したんだな。



↑本当の死因はトラウマってか。



重要なキャラだと思っていたのかい?このディオだッ!



活発なプードルみたいに好き勝手な恵比寿を除いて、皆が真面目に任務を取り組んでいるのが好き。



↑脳のダメージで変になってるのさ。



↑十字目の男にも奇妙な行動してたな。



恵比寿は13才だぞ。



13で酒を飲むのか。なんじゃそりゃ。



↑彼女はナイトクラブで働いているし。



・恵比寿はフランス人なのさ。
※フランスの飲酒は18からで違うような…。







(fcdr4ek).png



何で煙はこんなにもパーフェクトなの?



キクラゲを手に入れて煙は大喜び!
このエピソードは煙ファミリーにプラスな回だったな。



彼は怖い上司だけど面白い所もあるし、皆と仲良くしてるのも良いね。



煙は可愛いから幸せになって欲しいし、結婚もしてほしいわ。
そしたら能井が介添人になれるし。



煙ファミリーが好き過ぎて、もう悪役と思えないよ。



煙が耳が似ていると言ったのは、キクラゲがキノコの一種だからだね。
耳に見えて不気味なんで、英語では「ユダの耳(Judas Ear)」や「木の耳(Wood Ear)」と呼ばれているよ。



↑すごく美味しいよね~



アニメだとキクラゲは太って見える。



↑ふわふわのマシュマロみたいで可愛いだろ!








(fcdr4kd).png



皮膚よりも死肉の方が多いぞ。
滅茶苦茶してんな。



カイマンは「あっちに餃子はあるのかな?」と、このドアの異質さを無視するんだろ。



他のキャラは変な頭を持つ生物にされたけど、博士は運よく青春を手に入れたようだ。



この作品の奇妙さを楽しんでいるよ。
配役も多種多様で、魔法使いにスポットが当てられているのも嬉しい。

彼らの世界の異質さが面白いな。もっとも、この作品にハマったのはホールのサイバーパンク感に惹かれたからなんだけどね。

この奇妙な感じは「ペルディード・ストリート・ステーション」みたいだ。素晴らしい小説で、俺はそのファンなんだ。



敵側がノリノリで馬鹿なことをするのが気に入ってる。
それがキャラクターを個性豊かに、魅力的にするんだよね。

主人公たちと煙ファミリーが戦ってるだけの作品じゃ面白くない。でも、そうじゃない。
休戦中の彼らに多くの時間が費やされていて、お互いに周りの世界と交流しているのが分かる。
実際にその世界で生活しているような感じ。そこがイイんだよ。



↑敵役に親近感を持たせる巧い手法だと思う。
「HUNTER×HUNTER」とかね。



↑確かに。
ゲンスルーと2人の仲間は私を楽しませてくれたし、ヒソカの日常シーンとか全部好きだよ。



主人公や敵役だけでなくモブでさえも、長めのサイドストーリーを経て、ドロヘドロの世界に肉付けされていく。
ペースが遅く感じる事もあるけど、彼らが住む世界を学べるし、その見返りは十分価値があるよ。



このアニメは狂ってる。
正気とは思えない…何て言えばいいのか。
何だよコレは!?ジャンルが無いよ…意味不明だよ!



↑ドロヘドロへようこそ。
まだ始まったばかりさ。



全てが熱狂的な夢みたい。
ちょっとシュールなホラー…って感じ?



ジョジョより奇妙な冒険してるよ。



それが…ドロヘドロ!



参考 : Reddit/4chan










関連記事
スポンサーサイト



Posted byメモほん

Comments 0

There are no comments yet.