デカダンス 第六話 海外の反応

メモほん

(FC2DD6kbc).jpg



今まで観た中で1番壮大なゴミ処理だったね。
あのミキサーがカブラギの逃げ道に使われると思ってたよ。
全てのバグたちが地球にいるって事は、脱獄して本体で戦いに参加する展開があるのかな?



>今まで観た中で1番壮大なゴミ処理だったね。
22分かけて観たけど素晴らしい時間だった…上級者向けだけど。



↑いい意味でね。



糞に押し潰されたり集めたり、感電死・嘔吐・お漏らし・精神崩壊・死闘…彼の送られた場所は地獄のような過酷さだ。
可愛いアートスタイルとの落差で面白い映像になっているけど。



サイボーグ化に嗅覚は必要ない事を思い知らされたよ。



文字通り死ぬまで糞と付き合わされるナイスな刑務所だ。



「娘の為に何でもヤったる」の精神。
カブラギは最高の父親だ。



今回私が観たのは、娘にもう一度会うために頑張る父親だったよ。



一方でサイボーグの機能の一部は使えるみたいだ。
カブラギが自分で取り付けたアップグレードなのか、運よく付いてたのかは分からないけど。
思うに、彼はランカー時代から金持ちでモラルに対しても柔軟性があるから、非合法な機能を持っている理由は十分にある。



やっとガドルがソリッド・クエイク社製と判明したね。
バグを矯正する施設、そしてドナテロとターキーがその後に作った社会について知ることもできた。



ガドルが実際に製造されているとなると、今どこかの企業が孵化作業をしているって事になる。
恐らくアマゾ〇か。








(FC2DD6kba).jpg



尻にオキソン投与は面白かった。



↑どうぞ!



前回の結末の続きを待っていたら、いきなりアナルプレイが始まったのは酷過ぎる(笑)



カブラギがあんな顔をするとは思ってなかった(^▽^;)



毎日の前立腺への刺激が、ここで働く唯一の理由だよ。



ジャンルタグ : 精神崩壊・薬物・アナル・前立腺刺激



2話の時点で尻から注入してたし…。



俺たちのカブラギは何かに目覚めたみたいだ。



あのキュートな画でサルコジ言われても、まともに受け入れられないよ。
申し訳ないけど、元大統領の顔を思い出しちゃう。



↑私は意図的にこの名前を付けたと真剣に思っているよ。
(米英型の)競争資本主義への風刺であり、緊縮財政を押し付けた男にちなんでいるんだろう。



元大統領だったからって訳じゃないけど、思ってるのが自分一人じゃなくて嬉しい。



↑没入感を阻害するとまでは言わないけれど、毎回数秒間だけ集中が途切れるんだよね。
名前の人を良く知っているってだけの問題だから、アニメの所為じゃないんだけどもさ。








(FC2DD6kbf).jpg



あっという間の22分だったわ。



今までで最高のエピソードだったよ。
カブラギが新アカウントでナツメに会う展開は好きだ。
思ったより落ち込んでいなかったけど、彼女がどんな顔をするか気になる。



カブラギが生きているなんて…。



↑それを疑ってたの…?



↑オリジナルアニメだから、何が起きても不思議じゃないさ。



サイボーグの子供向けアニメっぽい画風がイイね。



ナツメがカブラギに与えた影響が分かるシーンは、心温まるモノだったな。



小さいカブラギが本体を駆使して戦うシーンは満点。
ナツメとクレナイのシーンは余計だった気がする(笑)
彼女のシーンを入れるなら、せめて画面外で予想外な大きい事をしてて欲しかった。



↑ナツメは全話に必要だよ!



パイプと遊ぶクレナイは超カワイイ!以上!



サイボーグ側の物語を凄く楽しんでる。
それがナツメの冒険にユニークなアイデアを与えると思う。



彼はどんな姿で戻るのか。その新しい姿が長続きするのだろうか。



↑カブラギがロリ姿で戻るのを待ってるよ。



↑声はそのまんまでか(-∀-)



カブラギがタンカーとして戻るとは思えないな。
ゲームをプレイする方法でログインしたから、ギアとして活躍するのを期待している。
キャラクリはあるのかな?タンカー姿のカブラギが青くなるだけだったりして。



バグ認定されたサイボーグは矯正施設に送られたが、(1話の)スクラップにされた奴は外の世界に投げ捨てられていた。
施設からどこかに転送されて迷い込んだのかもしれない。



皆に公式HPのチェックを薦めるよ。
有益な情報がいっぱい載ってるし、用語集はキャラクターリストと同じくらい初見には最適な項目だ。



↑好感の持てるサイトだな。
ログイン・ログアウトでデザインが変化するのが良いね。




参考 : Reddit/4chan











関連記事
スポンサーサイト



Posted byメモほん

Comments 0

There are no comments yet.