宝石の国 第三話「メタモルフォス」 海外の反応

メモほん

i43L99Q2.png



ダイヤの走るシーンは、信じられない位素晴らしかった。



このアニメは本当に美しいよね。特に動きの多いシーンは。
ダイヤの滑らかな動きがお気に入りだけど、コストが掛かって普通のアニメだと見られないよ。



↑それがCGIアニメの良い点だ。ちゃんと作れば最高の映像になる。
RWBYが高い評価を得たようにね。
CGIアニメのプロデューサーは高いFPS(フレームレート)が重要なのを認識する必要がある。



カタツムリとの戦闘は短かったけど、少なくとも後半の映像は今まで見たアニメの中で最高の一つだよ。
後半のダイヤが島を駆け抜ける最も見事なシーンは(卓越した)3Dに助けられたと思うけど、音楽と視覚の豪華な融合でもあった。

再びシンシャに会えて嬉しい。シンシャの水銀の動きは美しく、彼の独白には胸が痛むよ。

また多くの人がダイヤを嫁にしてる事は責められない。彼女は完璧だし。
ダイアの熱意に照らされたボルツは素敵だった。
このアニメは五分間に二人のツンデレを砕いてしまったね。



宝石の国がCGアニメだと発表された時、私は失望してた。
最初のエピソードが放送された時もCGの動き、特に髪の動きに感動したけど、
それでも2Dでアニメ化することを望んでた。

でも、今回のエピソードで私は完全に圧倒され、CGの選択が最適と理解したよ。
宝石たちに多くの命をもたらし、迫力ある戦いと走るシーン(木々の間を駆け抜けるダイヤ!)は単純に魅惑的だ。素晴らしい音楽も役立っている。



ダイヤはこのエピソードで全てが美しかった。特に夜のシーンが。
夕焼けのカタツムリとの戦いも同様に素晴らしい。
前話より印象的で、CGの正しい使い方を披露している。



ダイヤの美しい映像に視覚的に感銘を受けただけでなく、他の宝石がフォスを救う事に興味が無くても、フォスを取り戻そうと懸命に努力した彼女が好きだよ。
不機嫌そうなボルツでさえ否定できない、綺麗で思いやりのある心を持っている事が分かる。
終盤はフォスが主人公としてどれだけ必要なのかを強調する話だった。








maxresdefaultb.jpg



あのカタツムリはダイヤが跳ね回ってる時、飛ばされないように必死にボウルにしがみ付いてた筈。それなりの重力に耐える必要があったろう。
見た目は美しいシーンだが、乗客の頑張り程ではないな。



↑幸い壊れるような骨は無いみたいよ。



↑↑重力がボウルの下に向くようにダイヤが保持してれば問題ない。



功利主義社会における見捨てられた存在の考えを、様々な手法で明白にする事で良い作品に仕上がっているね。

フォスは才能が無く、かなりの馬鹿で落ちこぼれだ。
確かに沢山のエネルギーと貢献したいという強い願望を持っているが、明らかに大風呂敷で彼の手には負えない。
殆どの宝石は彼を座って何もしない「あの石」と考えている。

シンシャは才能は多くあるが浮浪者だ。破壊的で周りを傷つけずに暮らしたり、一緒に仕事をしたりする事は出来ない。フォスに似た存在と私は思う。

ダイヤは別の意味でのけ者だ。彼女は素晴らしい仕事ができるし、とても才能があるが、ボルツという存在のために、その才能と役割は事実上無駄になっている。
ボルツはダイヤよりも優れているだけでなく、ダイヤに対して酷く保護的で、文字通り許可しないことを全くさせない。(エピソード終盤にボルツは柔らかな面を少し見せたが)

3つのエピソードは功利主義社会における3人の追放者の紹介として作られたものに感じられる。
次回から物語の進展が見られるだろうけど、このエピソードは本当に楽しめた。







sss.jpg



フォスが復活して何だかほっとしたよ。



既にフォスは仲間達との間に(助けてもらうだけの)原動力を確立していたが、
このエピソードは宝石たちの多くがフォスをどれだけ考えているかを補強する良い仕事をしたね。



殆どの宝石がフォスの状況をあまり気にしていないのは何か可笑しいよ。
宝石はいつでも復活できるので、死を恐れていないのが理由と信じよう。
まあ、フォスがトラブルメーカーってのもあると思うが。

宝石は無性別だが、外見と声で私の脳がそう処理してくれない。
作者の意図に反してるかもしれないが、私は宝石たちを女性として見ている。



↑始めは金剛先生以外の宝石を女性と認識してたが、徐々に考えが変化してるよ。
フォスとボルツは少し男性的だと思う。



ローブを着たフォスはボーイッシュに見える。



カタツムリの殻は螺旋状であり、それは文学では「生命のサイクル」の比喩として使用されている。フォスの死と再生が物理的にリンクされているのは皮肉だが、後から考えると明白だ。

他に注目する点は、短いシーンだがシンシャの自殺傾向がやや少なくなり、フォスが彼女の解決策を見つける事に希望を抱いている。
シンシャが月人に遭遇したと思った時、戦闘モードに入った。微妙な変化だが、フォスに会う前のように喜んで自分を差し出そうとは考えていない。



反抗的なナメクジはフォスより賢く可愛い!
そしてシンシャはフォス救出の鍵だった!80点







DMqr1cnVwAQwHml.jpg



カタツムリと会話できるって最も役に立たない能力だろ。



↑そう言うお前は話せるのか?カタツムリと。



↑↑おい、フォスの特殊能力はそれだけじゃない。
なぜなら彼女は水中でも呼吸する事が出来る。
つまり基本的にはアクアマンって事だろ?

※アクアマンは水陸両棲の海底人であり、水棲生物とテレパシーで意思疎通ができる。(Wikipedia)



>カタツムリと会話出来る能力って最も役に立たない能力だろ。
俺の特殊能力は自分の電子機器とか機械的な物を、傍にいるだけで破壊してしまう。
他の人にはない。まさに俺だけの…本当に役に立たない能力だよ。
すぐにでもカタツムリ語の話者になりたいと思ってる。



↑俺も何度も同じ経験してるよ!



フォスが他の生物と遭遇したかは分からないけど、カタツムリ語だけでなく、より重要な何かが発症する可能性もある。
そうなる事を願ってるけど、今の所この能力は凄いと思う。



今回でフォスがどれだけ恋しいか分かったよ。
カタツムリと話せる様になったのは面白い。中に居たからかな。
推しはシンシャだ。ツンデレだからね。



一方、ここカナダでは…。(第二話だけ配信されていない)

dXfooFY.png



>「フォスを見つける事は出来ませんでした。宝石たちはフォスに起きた事を心配しています。」
そんなに心配して無かっただろ(笑)



↑「フォスを見つける事は出来ませんでした。宝石たちは何も失われなかった結果に共感した。」



↑「とにかくフォスは必要なかった。」



この作品で明白な事の一つは、カメラワークがいかに優れているかだ。
カタツムリとの戦闘・シンシャの水銀の表現・ダイヤが走っていた時、とても感銘を受けたよ。



細かい要素が凄く良い。宝石が水に浸かると粉が剥がれたり、
歩いてる時に硬いものに触れた時の音とか大好き。



この作品は私にとってAOTS(アニメオブザシーズン)だよ。
もっと多くの人に観てもらいたいな。



このアニメがこの品質を維持する事が出来れば、初めての満点になるかも。



参考元:Reddit/MAL










関連記事
スポンサーサイト



Posted byメモほん

Comments 3

There are no comments yet.
-

👏

  • 2020/06/01 (Mon) 18:42
  • REPLY
-

>7割位ダイヤ可愛いでした。

スタッフのダイヤへの力の入れよう凄いからね

  • 2020/06/07 (Sun) 16:51
  • REPLY
-

ほんとスタッフのダイヤ愛が凄い
でも原作のダイヤ凄いことになってるからなぁ

  • 2020/06/30 (Tue) 14:19
  • REPLY