宝石の国 海外の漫画レビュー 第7巻&第8巻

メモほん









フォスは月人の探求が原因で、以前にも増してフランケンシュタインの化け物になっている。
7巻では長いタイムスキップがあるんだけど、フォスがいなくても他の宝石が変わらず活動しているのが面白いね。

宝石の世界の謎について新しい発見もあった。
それと、アドミラビリス族の間で何が起きているのか最新の情報も分かる。(新しい王が可愛かった)

ある時は仲間に秘密を打ち明けないフォスを叱りたくなったよ。
1人で抱え込んでも良いことないぞフォス!

全体的に7巻では宝石たちがあっと驚く方法で圧倒されて、粉々になる悲惨なシーンは徐々に減少傾向にあると感じた。
でも、まだまだ油断はできないかな。

フォスの旅は巻の最後に意外な展開を迎える。
彼が自身の異常に順応力のあるインクルージョンを利用した作戦を考え出したのがイイね。
インクルージョンって宝石の魂なのかな?

私が待ち望んでいた「名前のある月人」が8巻で登場するのに期待。



今までで最も興味深い謎が出てきたね。
以前はフォスを直してから覚醒するまで時間がかからず、インクルージョンがアゲートや金などに即適応した。
でも、今回すぐに復活できなかったみたいに、インクルージョンにはまだ不明な点が沢山ある。



今まで読んだ漫画の中で、最高に変な作品だよ。
いい意味でだけど。

フォスが首を失って、新しい首になったのは予想外。
そこから100年以上経ってるとか…何この展開!



ゴーシェとモルガが月人に捕まったのは可哀想だ。2人の新人は、前の2人と性格が全然違う。
モルガはチアリーダーとオタクの関係みたいに、いつもフォスを馬鹿にしていたからね。
あと、賢くなっていくフォスは見ていて落ち着かないな。



なんちゅう終わり方だよ7巻は!
派手な展開に答えのない謎だらけ。大好き。



普段はアニメだけ見てる。
けど、宝石の国の2期が待てなくて全巻買ってしまった。
アニメ1期の後どうなって、どう変わったのか知るために最初から読んでいるよ。

フォスはアニメで1番好きなキャラクター。
(私にとって)宝石の国は「変化」というテーマを持っている。全てが変化し、良くも悪くも周りに影響を与えてしまう。
読み始めた頃、私は父を喪う辛い経験をしていた。なので、この素晴らしい主役と物語に深く共感しちゃう。



宝石の国は美しい絵と文章で、私を驚かせ続けてくれるね。
月の上に作られた世界は、素晴らしい影の表現で恐ろしく見えるよ。

第8巻は月人と先生の関係について多くの疑問に答えている。
真実を知った後は衝撃の展開に備えよう。



え~っと、謎に対する答えを求めていたのは間違いないけど、8巻で手に入ってしまったね。
しかも、凄く気になる所で巻が終わっちゃったよ!

素晴らしい絵に、素晴らしいストーリー。どちらも勢いを保っている。
次の巻が待ち遠しいな。



フォスの進む道が好きになれるか分からない。
8巻の内容が今後の展開にどう影響するのか、とても興味深いモノになると思う。



先生が祈らないのは、孤独になりたくないだけなのかも。

フォスはこのまま行くとアンタークとの約束を破ってしまうね。
先生は間違いなくフォスが裏切る事を分かっていると思う。
最近の彼の顔が暗く描かれているのは、その事に対して何もする気になれないからだろう。



あ~くそっ!
この漫画を読んでいる時に、よく口にする言葉だ。この8巻で大どんでん返しが起こる。
かなり楽しめたよ。

シリーズの中心となる謎の一つが分かり、月人の事と月で何が起こっているかが明かされる。
私はこの漫画の謎も好きだけど、8巻のポイントはフォスが価値ある答えを出した事だね。
そして、何てことだ…彼の答えが得たものは…怖いが待つ価値は絶対にある。

今回はいつもより説明が多い。
けど、フォスの視点で新しい世界に触れ、新情報を聞いているので苦にならない。
会話の多いシーンでもワクワク感は保たれている。
月の風景は市川先生の美しく不気味な絵を見る絶好の機会と言えるよ(-∀-)

あと、フォスが計画を取り仕切りながら動いているのがイイね。
他のキャラクターの言葉を鵜呑みにしながらも、彼は最弱から変革者へと進化した。
欠点が無いキャラじゃないし、先生の嘘を批判しながら自分自身も嘘つきになってきている。
恐らく他の宝石にとって、非常に悪い結果をもたらす選択をしている彼には超不吉な予感がするよ。
でも、この変化を見るのは楽しい。

この巻は「激白」「計画と実行」の2つで構成されている。
再度フォス(と数人のキャラクター)は別の場所に行ってしまう。
次巻の英語版が出ているので気になる…と同時に幸せな展開にならない気がする。

いつもの様に30分で読んで、最後のページでまた読み返したくなる。
シンプルな物語の中に、深い共感と象徴主義が詰まった傑作だね。次の巻が怖いけど楽しみだ。



私は動揺している…いや本当に(-_-;)
今まで考えもしなかった形で、全ての小さな謎が一気に明かされていくのを見て興奮しているよ。
もっと読みたい。



フォスは今、全てを救うために先生を裏切ろうとしている。
先生を「直す」ことが最終的な解決策になるとは思えない。先生が一人になってしまうからね。

そして、孤独はこの漫画のテーマと言える。
海でも陸でも宇宙でもフォスは優しいけど、皆を救う解決策は先生を裏切る方向では達成できないと思う。

しかし、それだと何をどうすればいいのか?という疑問が残ってしまう。
宝石たちが祈るのは効果があるのだろうか?他の解決策は?
宝石がどこから来て、何が彼らを動かしているのか…再読する必要があるみたい。



「この世で最も堅い金剛…僕が絶対に崩す」
皆さん、これがフォスの1番攻撃的なセリフだ!

月人に対する私の印象は完全に変わったよ。
「純粋な悪」から「何て気の毒な存在なんだ!彼らが無事に成仏することを願っている」にね。

と言うわけで、月人の本拠地をようやく見ることが出来た。豪華な上にヌルヌルしているみたい。
地面には宝石を砕いて出来たキラキラする粉が敷き詰められている。(痛々しい!これが正式に死んでいるかは分からないけど可哀想だ…)
彼らの文明は宝石より遥かに進んでいた。そして、月人の王子は宝石たちを誘拐した理由を話す。

フォスは月から戻り、自分と一緒に来るように宝石たちを説得する計画を進める。
ダイヤが計画に乗り気だったのには驚いたよ。9巻が楽しみ。



参考 : goodread/reddit/海外Amazon










関連記事
スポンサーサイト



Comments 4

There are no comments yet.
-

アニメは楽しんだけど、コミックスまでは手を出してないんですよね…。2期あるんだろうか。

  • 2020/09/19 (Sat) 11:23
  • REPLY
-

>アニメは楽しんだけど、コミックスまでは手を出してないんですよね…。2期あるんだろうか。
えー・・・ネタバレ怖くないのかな?

  • 2020/09/19 (Sat) 17:22
  • REPLY
-

海外の皆さんも阿鼻叫喚してるようでほっこりしますわ

  • 2020/09/20 (Sun) 10:55
  • REPLY
-

阿鼻叫喚ですよね…
アニメ版だけ観ていればしあわせだった…

  • 2020/09/21 (Mon) 01:07
  • REPLY