ゴールデンカムイ(3期) 第27話 海外の反応

メモほん


(FC2GK3ig).jpg



どんなジャンルの話が出てくるか、見始めた時点では分からない。
これがゴールデンカムイの良い所。
前の2つの話と比べると、今回は別のアニメを見ているようだ。



↑ゴールデンカムイはこの回でジャンルを「悲劇」「心理学」「傷心」に切り替えたんだ。



↑それと「ロマンス」も。



まだ第3話までしか見ていないけど、1期2期とは別のレベルにあるような気がする。
前回は超イカれた話だったのに、どういう訳か今回は月島の泣ける話になっていた。



↑前期も谷垣の過去回があった。
でも、今回みたいに心を揺さぶるモノではなかったかな。同じくらい残酷な話だったけどね。
原作を再現するのが上手くなっていると思う。



月島基の魅力が出てきて嬉しい。
過小評価されているキャラクターだし。



実は日本だと超人気キャラなんだけどね。
杉元・尾形に次いで3位だ。



>1位は無いとしても、谷垣が2位じゃない。
↑また日本のセンスの無さが露呈したな。



↑物語が進めば月島の魅力に気づくと思う。彼が3位になったのに戸惑うのは理解できる。
でも、(漫画の方を見た感じ)彼の過去と鯉登との関係は面白い展開になりそうだよ。



↑月島に人気がある事に驚きは無いね( ̄^ ̄)
最も真面目な男であるにも関わらず、救いがたい難点があり悲劇的だ。それが彼を魅力的で共感できるキャラにしているよ。
私にとって、月島は3位の価値があるキャラクターと言える。



何で彼らは狂っている鶴見中尉の為に、ここまで喜んで従うのだろうか?
まあ、彼が異彩を放つ存在だからなんだろうけど。



彼は人間社会を巧みに操る人間で、それは本当に見事な手腕だ。
1話だと変な顔のキャラって感じで興味なかったのが、少し尊敬するようになった。



鶴見は部下のホクロに棒人間を描いて罰した。
そんな陽気な彼に完全にメロメロだよ。



(FC2GK3trm).jpg



敵キャラでさえも主人公クラスの扱いだ。
これ以外の漫画でも、全てのキャラクターに背景や動機を与えようとしているけど、ここまでの作品は殆どないと思う。



どのキャラも他の作品で主人公になれる位の人生を送っているよね。



↑俺が好きなのは白石の話だな。
あれは中々楽しめた。



二階堂が怯えた野生動物みたいに扱われているシーンは素晴らしかった(-∀-)



↑彼がシーツの中から出てくる時の、カメラのズーム音みたいな変なノイズに笑ったよ。
あと、鶴見の「にか~いど」って言い方も。



怪我をする前は「ハンサムな悪魔」だった鶴見中尉。



脳を損傷する前の鶴見はカッコイイな。



実にややこしい回だった。
中尉が月島をハーレムに入れた経緯を描いた物語って感じ。



私が見た限りでは、与えられた情報は正しいと思う。
でも、覗き見をしていた佐渡の兵士のシーンは、鶴見の言っていた「偶然」に真実が伝わったという話は違うと思わせる。

彼の証言が実際に本当かどうかも疑わしい。
鶴見が富豪との結婚を斡旋したのかもしれないし、実は鶴見がいご草ちゃんを殺して、一度埋めた遺体を掘り起こしたなんて可能性もある。
多分、私の考えすぎなんだろうけど…。



↑私が想像する中尉なら全てあり得る。
目的に近づくためなら何でも言うだろうし。



結局、いご草ちゃんは生きているのか、死んでいるのか。



↑シュレーディンガーのいご草ちゃん



後に明かされるサスペンス・ドラマの為に、意図的に真実を明確にしてないんだろうね。
月島はかなり実直な男でありながら、狂人に従っている。



本当の事は、視聴者にも分からない。



月島の回想に杉元がカメオ出演していた。



↑杉元が登場する前の、鶴見がぶん殴られるシーン。
谷垣、尾形、二階堂兄弟や、(名前は憶えていない)他の兵士も確認できるね。



たった一つの戦争に、運命の出会いがあるのが面白いな。



そうそう。
戦争中の回想シーンで脇役を登場させる手法がイイよね。
世界が繋がっているように見える。



月島という存在は「苦痛」だな。
彼の生い立ちで気持ちが沈んじゃったけど、この愛すべき狂気の集団の中では、今なお正気を保ち続けている。



↑月島はどんな状況でもブレない男だから好き。
漫画で彼の過去回を読んだ時は、「えっ…実は彼も一癖ある人間なの?」って気持ちでいっぱいになったよ。
でも、第七師団を見ていると、頭のネジが少なくとも一本は外れてないと入隊できない気がする(^^;)



月島の鼻でヴォルデモートを思い出すわ。



引用元 : reddit










関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.