宝石の国 第八話 「アンタークチサイト」 海外の反応

メモほん

fc8sf().png



アンタークを知ってから、少しの時間でぶん殴られるとは。
あと水銀は金とプラチナを溶かすので、フォスはシンシャに特に注意しないと。



↑このアニメの強みの一つだね。
全てのキャラを超短時間で気にかけさせる。
制作陣は良い仕事してるわ。



水袋、アメシスト、アンターク…。
裁縫師や月人マニアのように、マイナーなキャラでも個性がある。



↑俺の人生にはもっとアレキが必要だ。



ウェントリコススは何処にいるんだ?
水袋が必要だ。応答してくれ。



アンタークは間違いなく1番カッコいい戦闘スタイルを持っているよ。
剣で雪の波をかき立てて、月人を連れてサーフィンをしたのは素晴らしい。



何度も自分の所為だと言っているのを聞くと、先生がどれだけの重荷を背負っているのかを考えちゃう。
長く生きている彼が、何度失敗し続けたか想像できないよ。



↑だね。最年少のフォスが死の瞬間を二度見たら心が折れたんだ。
先生は何千年も同じ目にあっている筈。



月人が出現する可能性が高い時期に、弱体化する宝石一人に冬を任せるのは、かなり貧弱な計画のように見える。
アンタークはこれを認識しているようだが、自分の役割を全うしたい気持ちが強いのかな。



↑何世紀にもわたって続いている事実は、アンタークがリスク管理を正常に行っているという事だ。







fc8fk().jpg



フォスの亀裂を金が補強して埋めるのが好き。
日本の伝統工芸である金継ぎなのかもしれない。



>日本の伝統工芸である金継ぎなのかもしれない。
私も初めにこれを考えたよ。



↑うん、意図的だろうね。フォスの成長と関連しているかもしれない。

金継ぎの哲学は日本の「わび・さび」と似ていて、欠陥や不完全な物を受け入れる事で使用による摩耗の痕跡を評価する。
これは、壊れた後も手元に置いておく為の合理性と、金継ぎ自体の正当化とも見られる。
壊れた時点で役目を終えるのではなく、修理を寿命の中での単なる出来事として強調する事ができるんだ。

日本の哲学でもある「無心」に通ずるし、人生の側面として無執着・変化の受容・運命などの概念を含んでいると思う。







fc8gr().jpg



目覚めの蓮華の描写は最高だよ。
彼らが金の武器で正義を執行したように感じている。
固体時の質感は超リアルだし、流動する場面は美しいアニメ化。
特にフォスの亀裂から流れ出た時は、彼女が立ち上がる為の密度を与えていたね。

驚いたのは普段のフォスより、腕がないフォスの方が表現力豊かだった事。



蓮は仏教の主要なシンボルとして見られていて、泥中を這いあがり、新しい強さと思考に到達する。



腕が蓮華に変わったのは、仏教の復活と悟りを象徴しているよ。



金とプラチナの腕は非常によく動くね。
フォスが最初に立方体から出てきた時の花の形成は美しかった。



金が体から染み出して、頬を涙の様に流れ落ちるシーンは強烈だった。







fc8ac().jpg



今回は悲劇が多すぎたし、フォスが走り回るにはずんぐりした腕では不十分だったな。

少なくとも、フォスに責任の全てがある訳じゃない。
金がフォスにとって役に立たないだろうと言った後に、腕に付ける事を考えたアンタークにも責任の一部はあるだろう。

金がする気まぐれな行為を誰も知らなかった様だけど、それでも…フォスにとって前進だ。



↑アンタークはフォスを可哀想と思っただけで、金が最適ではない事を知っていても試してみた。
彼女はフォスが腕を失った事でかなり落ち込んでいたので、細かく考えていなかった理由は分かる。



↑先生にも落ち度がある。先生は宝石よりかなり速く、かなり強い。
彼が出向いて、いくつか素材を持ち帰れば、フォス達を送り出すよりかは少ない危険で戻ってこれたかもしれない。



アンタークはフォスを救ったよ。
彼女がフォスに金を載せてなかったら、金の檻は無かっただろうし。



人々が死を「悲しい」という見方をする傾向があるのは面白いが、よく考えると「死」というのは「生」にも通じている。

宝石の誕生を「無数の死から生まれた存在」ではなく、「生に執着する無数の存在」として見れば、フォスの激しい変化は生命を守る為の「進化」とも言える。



フォスが強くなろうと前進すると、他の全ての人が苦しんでしまうのか…(;_;)







fc8ed().png



なんてっこった。あっさりと今年のお気に入りエピソードになったよ。
実在するホラー系で、これ程に美しくインパクトあるものは無い。



今回は「だめ!ヨッシャ!待って!おいおい!お願い!行け!いやあああ」だった。



言葉が出ないよ…このエピソードは素晴らしかった。
音楽・アニメーション・キャラクターの反応…最後のフォスの絶望顔は見るのが辛かったな。



宝石の国を視聴することが習慣になってる。
アンタークの戦闘シーン・拘束されている先生・金の動き。
毎シーズンは勿論、毎年目にすることの無いモノと感じたよ。

きついエンディングが激しく襲い、コンセプトアートは背筋を冷やす。
宝石の国は逸品だね。



↑マジでEDのアンタークのベッド見ただけで泣きそうになった。
なんて良いアニメだ。



特殊EDには字幕が無かったけど、黒沢ともよさんが歌っていて、最後に「冬が終わる」とのこと。
私は何が起こるかは知ってるけど、このEDは落ち込んだよ。



特殊ED‐liquescimus
フォスの声優/黒沢ともよの歌と、西川洋一が描く背景で優れた仕上がりになったね。







fc8fn().png



フォスの次回予告の顔がすっごい落ち込んでいる(泣)
彼の体からフォスがどれだけ失われたかが心配。
凄く多かった様に見えたけど。



不幸フォスは良くなっていないと思う。
髪型は悪くないけど。



さようなら、ハッピーフォス。
さようなら、アンターク。



いつもの彼女はもう少し…恍惚な表情していたよね。



フォスの深刻な表情は少し悲しい。
俺は幸せで愚かだったフォスが恋しいよ…。



だらしないけど、優しくてポジティブだった宝石には見えない。



う~ん…これが幸せな話になるとは思えん。
フォスがシンシャと幸せに暮らすことが出来ないのは何故?



いやああああアンターク(;_;)
このアニメは時折、冷酷になるよね。



↑これは注意散漫が致命傷になるアニメだよ。



フォスがシンシャみたいに変化していないか?

シンシャは他人を傷つけない為に誰からも離れている。フォスの近くにいる事が原因で、複数の宝石が月人に負けた。

今現在、フォスは非常に順応性のある金を制御することが可能で、シンシャの持つ水銀と強い対比になっている。



可哀想なフォス。そしてアンターク。



このアニメは黄金だよ。



ファイナル・フォスは死を恐れないから。

fc8ffb().png



参考:Reddit










関連記事
スポンサーサイト



Posted byメモほん

Comments 2

There are no comments yet.
  

待ってました
ここがこの物語のターニングポイントやね
原作の最後までアニメ化してほしいなあ・・・

  • 2020/06/16 (Tue) 23:58
  • REPLY
-

この回は堪えたなー、見ててちょっと落ち込んだ
放送終了時は二期はよって思ってたけど・・・今後のフォスを思うにやんなくていいかな?

  • 2020/06/30 (Tue) 06:58
  • REPLY