ダイの大冒険(2020) 第21話 海外の反応

メモほん

(DND21kv).jpg



今回も良いエピソードだったね。
レオナの遊び好きな性格を気に入ってる。しかし、彼女は賢くもある。
マァムのカッコいい再登場に期待。



レオナがパーティに加わったのは最高だし、ポップの成長も楽しみ。
もうすぐEDが変わったりするのかな?



キルバーンが登場したり、バランが現れたり、緊張感のある回だった。
敵役たちに何が起こっているか分かるのは、ダイの大冒険の良い所の一つ。
彼らが主人公たちと同じく前に進んでいるように感じさせてくれるんだ。



↑その通り!
この漫画が多くの人の心に残っているのには理由がある。
既にクロコダインとヒュンケルは悪役じゃなくなってるし、敵も味方も色んな手を使うことが多くなる。
バランがダイと対峙することが何故こんなにも大きな事だったのか…その理由が今から楽しみ。



今週のハイライトはバランかな。
常にハドラーをビビらせ、その強さをバーンの部下にまで認められている事実に興奮してしまった。
もう戦わせてあげても良いんじゃない?(^^;)
もう一つ気になるのは、竜の騎士が2人一緒にいると何が起こるのかってこと。

キルバーンはなかなか面白い見た目をしているね。
このシリーズの悪役のデザインを本当に気に入ってる。



トベルーラは作者が創造的になり始めたポイントだと思う。
特に今後の戦いとダイ達が見せる技でね。



ポップの性格が好き。



相変わらずポップは最高のキャラだわ。
今週はフレイザード編後の休憩回みたいな感じで、レオナの技やダイ達との関係を見せるのにはナイスだった。

これまで彼女の戦い方は魔弾銃がメインだったから、マァムが去っていくのは十分に理解できる。
武闘家に転身した彼女を早く見たいな。



武闘家になるマァムにワクワクしてるよ。
アリーナっぽさを感じる。



武闘家になる展開は予想外だったけど、大賛成だ。
レオナの出番が増えるのも楽しみ。



↑俺も!
回復役として進むと思ってたから、もっと面白いルートで活躍するのは嬉しい。
ポップとマァムの仲も応援してる。







(DND21mp).jpg



最後の別れのシーンは見事だったと思う。
ポップの気持ちが通じなかったのに、心が温かくなったよ。



マァムとポップの関係は可愛いと思うし、これもまた面白い回だ。
特に「バトル少年ものには魅力的な女キャラがいない」と言い続けている人達にとってね。



ポップとマァムの別れのシーンはめっちゃ良かった!
彼らのカップリングは推していないけど、2人の間で育まれた友情が好き。
ゴタゴタした最初の出会いからお互いを尊敬するまでになったのも嬉しい。



2人の関係が凄い進展した。
強くなったマァムが待ち遠しい(-∀-)



別れのシーンは旧アニメの方が凝っていたように感じたかな。
ポップが必死に話そうとする演技はもっと感情的だったように思える。

それでも順調だと言わざるを得ない。
ここまでは以前にも観てきたパートであり、今後はの章は全て新しいからね。(バラン編は途中で終わってしまった)
それら新しい物語全てと、必ず来るマァムの復帰を心待ちにしてる



次回のタイトルが「デパートへ行こう」なのが(^^;)
ドラマチックな音楽とイケメンボイスで壮大な気分になったよ(笑)
マァムの成長が無駄にならない事を願うばかり。



(redditでの)エピソード評価の平均値がこれだけ高いのは嬉しい。
この評価を受けるに値するよ。



↑そりゃ観てる奴が全然いないからな。



↑だよね~もっと人気が出ればいいのに。
とても楽しいアニメなんだけど、時代遅れに感じる人もいるんろう。
今期は他にも素晴らしい作品が多くあるから、見過ごされてしまったのかも。
続きが気になるし、日本で流行ってほしいな。



良いアニメが見落とされているのは悲しいね…。



テイルズとかのJRPGをアニメ化した他の作品よりかは完成されていると思う。
旧アニメと比較してバラン編をどう処理するか楽しみ。



もっとDQ感ある音楽にすれば、更に良くなるんじゃないかな。



参考 : reddit










関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.